プリリジーは個人輸入で買うとお得

世界ではじめて開発されてた内服をするタイプの早漏治療薬が「プリリジー」です。
内服をすることによって、セロトニンの分泌を即し、射精までの時間を延長させることが出来ます。

よりお得に購入したいというのであれば、個人輸入で購入することをオススメします。
性行為の3時間から1時間前に服用をします。
服用を始めてから4週間もしくは6回以上服用した場合でも有効性が無かったという場合は服用を中止する事を考える必要があります。

副作用としては、稀に頭痛や嘔吐、下痢、疲労感などが生じることがあります。

早漏という悩みを持つ男性の場合、射精を調整する重要なホルモンであるセロトニンが不足している事が考えられます。
プリリジーの成分であるダポキセチンはセロトニンが神経細胞に再吸収されて量が低下することを防ぐ作用があります。

服用後、体調に何らかの異変を感じた場合には、服用を中止し早めに専門医を受診するようにしましょう。

個人輸入サイトなどを利用することによって、比較的簡単に購入することが出来ます。
ただし、インターネットを利用して購入した場合、購入した製品が偽物である可能性もありますので、安心出来るところから購入するなど十分注意するようにしましょう。

プリリジーのジェネリックは安全?

「プリリジー」とは早漏治療薬で、世界で初めての内服薬として開発されました。
現在世界の10カ国以上で認可されており、約100万人のPE(早漏症)患者に使用されている実績を持ちます。
臨床試験などで改善効果が証明されていて、安全性も確立しています。
「プリリジー」の効果の特徴は、射精までの時間を約2倍~3倍に延長させる働きで早漏症を改善させ、性行為の満足度を上げる効果があります。
服用方法は、性行為の約1時間~3時間前に服用します。
基本的に1日1回の服用で、空腹時か食事と一緒に内服します。
注意点としては、睡眠導入剤やアルコールとの一緒の服用は避けます。
副作用としては、頭痛・めまい・下痢など引き起こす場合がありますが、頻度が高いものではありません。
ジェネリック薬品では様々な「プリリジー」を扱っていて、「プリリジー」と同成分の「スーパーPフォース」や「エバーラスト」などがあります。
ジェネリック薬品では、世界の政府機関に認められた、厳選した医薬品だけを扱っています。
扱っている医薬品のすべてが純正品で、薬剤師が成分調査など厳しく行って安全を確保しています。
これらのことからも、プリリジーのジェネリックは安全だと言えます。